こうなっているプレカットの流れ



平面図 立面図 桁状図 プレカット図  木造の物件のプレカットは、

 プレカットの流れ
 という流れになっています。



 一般的に
 
 2階建て住宅の場合は
   土台は1階の間取りから考慮して
   2階は1階の間取りと2階の間取りから桁組を考えます。
   母屋は屋根形状から組み方を考えます。

木造住宅の場合、間取りによって、過重を考慮して梁の樹種や材背を考えます。
工法や過重設定によって桁の組み方はさまざまになります。

 匠'sでは一般的にスパン表を参考に桁組を行いますが、詳細な数値を考慮して設計を行う場合に対応するために、短期長期の加重や固定過重を計算する構造計算ソフトを導入しました。

機械加工時には過重のかかる方向を検討し長期荷重のかかる方向に影響の少ない様に材を配置しています。