プレカットミルズ匠'sとは?

伝統的な在来工法に、最新技術プレカットが活きる。

手作業の数十倍の精度を実現
工期の短縮
抜群の耐久性

木造の新しいカタチ“プレカット工芸”

  プレカットミルズ匠’sでは、従来大工さんの手作業に頼っていた部分をコンピューターシステム(CAD/CAMシステム)加工機械をライン化することによって、その品質管理を工業化しました。それによって、木造建築のトータルコストプランニングをより速く、より正確に求めることができます。


コンピュータによるデータ処理 コンピュータによるデータ処理

 最新のIBM32bitコンピュータと宮川墨付システムソフトにより、あらゆる間取りに対応します。構造材1本1本に加工データを指示することで材料の無駄を省き、最も効率の良い木材の使い方を作り出します。

墨付け不要、全自動機械加工 墨付け不要、全自動機械加工

 個人差による加工ムラから解放されたフルオート加工機械は高品質の部材を安定供給することを可能にしました。又、自動墨付装置を導入することによって墨付けの単純ミスが一掃され、上棟までトータル的な省力化を大きくアップすることができます。

造作材の加工 造作材の加工

 6軸最新モルダーと大型仕上げカンナ盤により、プレーなー加工、溝切り、シャクリ加工、仕上げカンナ加工のバリエーションに対応することができます。